PETER AND THE WOLF(1975)/JACK LANCASTER AND ROBIN LUMLY

画像
今日ご紹介するのは、JACK LANCASTER AND ROBIN LUMLY(イギリス)のPETER AND THE WOLFです。

このアルバムは、PROG ARCHIVESではVARIOUS ARTISTSにカテゴライズされていますが、中心人物(プロデュース、作曲、アレンジ、演奏)がJACK LANCASTERとROBIN LUMLYであることから、先般ご紹介したMARSCAPE同様上記のような記載としました。
上記2人以外にも、GARY MOORE、KEITH TIPPET、MANFRED MANN、PERCY JONES、COZY POWELL、GARY BROOKER、JOHN GOODSALL、PHIL COLLINS、STEPHANE GRAPPELLI、ALVIN LEE、BRIAN ENO、CHRIS SPEDDING、JON HEISMAN、BILL BRUFORD他豪華メンバーが参加しています。

音楽的には、プロコフィエフのピーターと狼をベースとしており、小学生?の頃に聴いた懐かしいテーマがアレンジを施されて登場しますが、予算の関係?で14/21曲はJACK LANCASTERとROBIN LUMLYによるオリジナル曲となっています。(2/21曲がヴォーカル曲)
原曲では、各登場人物(動物)が特定の楽器によって受け持たれていましたが、本作でも各参加メンバーに配役(PETER:MANFRED MANN、CAT:STEPHANE GRAPPELLI等)が割り振られており、各々の楽器でどこまで雰囲気を出せているか聴いてみるのも面白いのではないでしょうか。

このアルバムのハイライトは、2曲目のPeter's Theme、6曲目のDuck And Bird、9曲目のGrandfather、12曲目のWolf And Duck、15曲目のCat In Tree、17曲目のCapture Of Wolf、21曲目のFinal Theme辺りでしょうか。
ロック・アレンジしたクラシックがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=zZHvpw2NHU4

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック