COSARARA(2016)/COSARARA

画像
今日ご紹介するのは、COSARARA(イタリア)のCOSARARAです。

このグループは、2005年にイタリア北部のアスティで結成された標準フォーマットの4人組で、当初はメンバーチェンジを繰り返したようですが、現在はANDREA ONESTI(ギター)、FRANCESCA GORIA(キーボード)、PIOLO ALUFFI(ベース)、MAURIZIO PINNA(ドラム)というラインナップとなっています。
この作品は彼らの1stアルバムで、2014年冬から2015年春にかけてレコーディングされており、ジャケットはDAVE LANEという写真家のMILKY WAY OVER YELLOWSTONEという作品で、とても現実のものとは思えない幻想的な世界が広がっています。

音楽的には、2曲目の短いピアノ・ソロ曲を除くと8~10分の長尺曲が揃っており、比較的淡々としたリフの上でアンサンブル的にギター、キーボードが絡んでいく展開が多く、所々でディストーションの効いたギターがヘビー・プログレのような様相を呈す一面もあります。
このグループのライブ映像を見ると、ドラムの前(ステージの中央)にキーボードがセットされており、両脇にギターとベースという珍しい配置となっていますが、やはりビジュアル的にもFRANCESCA GORIA(女性)を前面に立てているのでしょうね。

このアルバムのハイライトは、1曲目のHavismat、3曲目のMiraggio、6曲目のInnisfree辺りでしょうか。
アンサンブル重視のヘビー・プログレがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://amsrecords.bandcamp.com/album/cosarara

こちらのサイトでは、1曲目のHavismat、3曲目のMiraggio、4曲目のIo、5曲目のTotentanz、6曲目のInnisfreeを部分的に視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=p7MMZ4IUtAQ

こちらのサイトでは、6曲目のInnisfreeを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=1SPU0m-NNsk

こちらのサイトでは、このアルバムのメイキング映像を視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=g_6DdgL05dk

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック