OF THINGS AND BEINGS(2016)/LOST WORLD BAND

画像
今日ご紹介するのは、LOST WORLD BAND(ロシア)のOF THINGS AND BEINGSです。

この作品は、前作SOLAR POWERから3年ぶりに発表されたLOST WORLD BANDの5thアルバムで、メンバーは前作の3人に加えて、2ndまでキーボードとして参加していたALEXANDER AKIMOVが、パーカッション専任として復帰しています。
本作では、リーダーのANDRII DIDORENKOが全ての曲を手掛けていますが、彼は現在ニューヨークに住んでいるらしく、モスクワ在住の他のメンバーとは、主にインターネットでのやり取りによりレコーディングを進めていったようです。

音楽的には、これまでと同様のヴァイオリン、フルートを中心としたジャズロックですが、最近ではギターを全く止めてしまったKBB(壷井氏)と比べると、まだまだギターの比重も高く、本作ではアコースティックギターによるソロ曲も収録されています。
前作辺りから、ANDRII DIDORENKO自らのヴォーカルをフィーチャーした曲が増えつつありますが、本作では遂に5/10曲がヴォーカル曲となっており、この調子でいけば次作はこのブログで紹介出来ないことになってしまう可能性もありそうですね・・・。

このアルバムのハイライトは、1曲目のShapes And Objects、4曲目のInterwined、6曲目のWatchbird、8曲目のThe Structure Of Madness、10曲目のDownpour辺りでしょうか。
ヴァイオリン、フルートがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://lostworldband.bandcamp.com/album/of-things-and-beings

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック