"LIFE" AND OTHER GAMES(1982)/KEVIN PEEK

LIFE AND OTHER GAMES.jpg
今日ご紹介するのは、KEVIN PEEK(オーストラリア)の"LIFE" AND OTHER GAMESです。

KEVIN PEEKは、1970年代の終わりから1990年代の初めにかけて、このブログでも全アルバムを紹介したSKYのメンバーとして活躍したギタリストですが、彼は元々オーストラリア南部のアデレード出身で、SKYのオリジナル・メンバーの中では一番最後に参加が決まったようです。
この作品は、SKY 4: FORTHCOMINGと同時期に発表された彼のソロ・アルバムで、他にALAN TARNEY(ベース)、TREVOR SPENCER(ドラム)、TOM NICHOL(パーカッション)、ALAN JONES(ピアノ)、DEREK AUSTIN(シンセ、ギター)の5人が参加しています。

音楽的には、ギターを中心としたシンフォ系ジャズロックですが、元々彼の曲はSKYの中でもHotta、Sahara、Westwind、Moonroof、Fayre等比較的ロック寄りの曲が多かったことから、本作でも軽快なテンポのメロディアスなロック・ナンバーが主体となっています。
ウィキペディアによると、彼は1991年にSKYを脱退した後、オーストラリアに戻ってセッション・ミュージシャンやプロデューサーとして活動していましたが、2010年頃から投資詐欺に関与したとして訴えられており、裁判を受ける前の2013年2月に癌で他界しています。(正に激動の人生ですね...。)

このアルバムのハイライトは、1曲目のDrifting、2曲目のPacific Run、3曲目のViewfinder、6曲目のHunter's Theme、7曲目のEpsilon辺りでしょうか。
ギター主体のコンパクトで耳馴染みの良い曲がお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで1曲目のDriftingを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=cKD07evyCNM

こちらのサイトでは、6曲目のHunter's Themeを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=hEgFdEYo9BU

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント