VIENTO DE TODA LA VIDA(2015)/ZONDA PROJECKT

画像
今日ご紹介するのは、ZONDA PROJECKT(アルゼンチン)のVIENTO DE TODA LA VIDAです。

このグループは、ERNESTO VIDAL(ベース)、SEBASTIAN RIVAS(ギター)、TUTI VEGAS(ドラム)という3人のベテラン・ミュージシャンによって、2000年にアルゼンチン北部の都市メンドーサで結成され、2002年に1stアルバムのEL LLANTO SECRETO DE LA LUNAを発表しています。
この作品は彼らの2ndアルバムですが、実際は2003~06年のライブで演奏された新マテリアル(と言いながら1stアルバムとは3曲重複)を収録したもので、メンバーはギターがMARIO MATARに交代しており、時期毎に3人のキーボーディスト(2005~06年はツイン・キーボード!)が新たに参加しています。

音楽的には、フュージョン・テイストも感じさせるクールなジャズロックで、特にツイン・キーボード時の音の厚みは非常に心地良く、一部インプロで押し捲る曲も含まれていますが、冗長さはあまり感じられないスリリングな演奏が展開されています。
ライブでの録音ということで、KING CRIMSON(Frame By Frame)、MIKE OLDFIELD(Tubular Bells)、EL&P(Trilogy)、JEFF BECK(Scatterbrain)のカバーが含まれており、そういう意味でもバリエーションに富んだ面白いアルバムと言えるのではないでしょうか。

このアルバムのハイライトは、1曲目のViento De Toda La Vida、3曲目のMiedo Al Silencio + Improv.: Quintanilla 1、5曲目のEl Llanto Secreto De La Luna、6曲目のFrame By Frame + Improv.: Quintanilla 2、8曲目のLa Naranja Violeta、12曲目のCicatriz辺りでしょうか。
テクニカルなジャズロックがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://viajeroinmovilrecords.bandcamp.com/album/zonda-projeckt-viento-de-toda-la-vida-2003-06

こちらのサイトでは、2曲目のPerfumeを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=sc0RXNth1fU

こちらのサイトでは、3曲目のMiedo Al Silencioを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=c3YP2bIiYh4

こちらのサイトでは、9曲目のScatterbrainを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=N0_Lt5Idh7c

こちらのサイトでは、12曲目のCicatrizを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=foROYIFX_xw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック