TRANSIT(2007)/MSM SCHMIDT

画像
今日ご紹介するのは、MSM SCHMIDT(ドイツ)のTRANSITです。

MSM SCHMIDTは、ドイツのブレーメン出身で現在保険会社に勤務しているMICHAEL SCHMIDTによるプロジェクト・グループで、彼はシンセ、パーカッションで一部演奏にも参加していますが、基本的には作曲とプロデュースに専念しています。
この作品は彼らの2ndアルバムで、SCOTT HENDERSON、JIMMY HASLIP等のビッグネームを含めて、キーボード×5、ドラム×4、ベース×5、アコースティックベース、ギター×2、パーカッション、EVI、トランペット×2、サックス×3の総勢24人が参加しています。

音楽的には、各楽器のソロをフィーチャーしたアダルトな雰囲気のフュージョンで、WDのHPに極上のプログレ・フュージョン作との記載があったので購入してみたのですが、ここまで来るとさすがにプログレというカテゴリーからは逸脱していると思います...。
MICHAEL SCHMIDTは、初めてCDを制作しようと決心した際、自分の好きなグループMETROのメンバーの参画を企図し、最初にWOLFGANG HAFFNER(ドラム)にラブコールを送りましたが、結果的にはこれが奏功し彼経由で多数のミュージシャンの参加を実現したようです。

このアルバムのハイライトは、1曲目のJourney To Fukuoka、4曲目のSong For Michel、5曲目のRizma、7曲目のCaroline、11曲目のFalling Down辺りでしょうか。
テクニカルなフュージョンがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで1曲目のJourney To Fukuokaを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=Cvn7J0YuB-A

こちらのサイトでは、2曲目のLittle Joeを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=2-cAbeJY_NE

こちらのサイトでは、3曲目のCountry Xを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=3PNH98NsGPk

こちらのサイトでは、4曲目のSong For Michelを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=Tnb4x0Z4_kA

こちらのサイトでは、5曲目のRizmaを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=rc2GjgtUNKw

こちらのサイトでは、6曲目のInterludeを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=unCFanHZWpY

こちらのサイトでは、7曲目のCarolineを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=30DGa-P-ABM

こちらのサイトでは、8曲目のSlow Movesを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=9KgQ8ldp4AU

こちらのサイトでは、9曲目のX-Press(More Than Words Kin Sey)を試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=uespFXKFPh0

こちらのサイトでは、10曲目のSphereを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=ghoJaMROJ3Y

こちらのサイトでは、11曲目のFalling Downを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=dIXF63sxhbw

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック