RAHMANN(1980)/RAHMANN

画像
今日ご紹介するのは、RAHMANN(フランス)のRAHMANNです。

このグループは、MAHAMAD HADI(ギター)、AMAR MECHARAF(ドラム)の2人(実は兄弟!)を中心に、1975年に結成された標準フォーマットの4人組で、RAHMANNというグループ名は語感はコーラン、意味はエジプトの太陽神であるラーに因んで付けられています。
この作品は彼らが残した唯一のアルバムで、アフリカ人パーカッショニストLOUIS-CESAR EWANDEを加えた5人で制作されており、その他にもヴォーカル×2、ヴァイオリン、ベース、ナーイ(笛)、タブラ、ダラブッカ(共に太鼓)、ピアノの8人がゲスト参加しています。

音楽的には、ギターを中心としたジャズロックですが、元々リーダーのMAHAMAD HADIがアフリカ~アジア系であること、ウード、ブズーキ、アフリカン・パーカッション等を使用していることから、楽曲にはオリエンタルかつエスニックなムードが漂っています。
ライナーの写真を見ても、メンバーはほぼ全員中東の人と言っても違和感の無い顔立ちで、加えてカンドゥーラやグトラ風のステージ衣装を身に着けており、とてもフランスのグループとは思えない独特な雰囲気を醸し出しています。

このアルバムのハイライトは、1曲目のAtlanta、4曲目のDanse Sacree、5曲目のLeila辺りでしょうか。
オリエンタル風のジャズロックがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=GkvwFI7i884

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック