インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS THE LONG PATHWAY(1997)/DORACOR

<<   作成日時 : 2017/03/18 19:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日ご紹介するのは、DORACOR(イタリア)のTHE LONG PATHWAYです。

このグループは、先般2ndアルバムのSEGNI PREMONITORIを紹介しましたが、この作品はその1年前に発表された彼らの1stアルバムで、その後の作品では多数のゲストを迎えているのに対し、本作は完全にCORRADO SARDELLAのワンマン・ユニットとして制作されています。
DORACORのアルバムは、女性を描いた幻想的なジャケット(5/9枚)が特徴ですが、本作はその先駆けとなるようなアートワークで、ティアラを付けた王妃のような女性が手のひらを吹くと、そこから鳥?が飛び立っていくという構図になっています。

音楽的には、キーボードを中心とした70年代風の叙情的なシンフォですが、要所要所に変拍子を巧みに取り入れた楽曲は、聴く者をグイグイ引き込んでいくようなドラマティックな展開で、全盛期のGENESIS(TONY BANKS)を彷彿とさせます。
しかしながら、様々なキーボードを駆使して音色の変化を付けてはいるものの、やはりキーボード漬け感は拭うことが出来ず、打ち込みのリズム隊のパンチの無さも含めて、”ゲストを入れたバンド・スタイルでやったら良かったのに!”とわがままなことを考えてしまいます。

このアルバムのハイライトは、1曲目のScenes From Elsewhere、2曲目のThe Castle、5曲目のLord Of Wind-Swept Lands、7曲目のThe Long Pathway、9曲目のFlying With Memories In The Peace Of A Summer Night辺りでしょうか。
キーボードをフィーチャーしたシンフォがお好きな方には、是非お薦めしたい1枚です。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
http://www.doracor.it/category/The-long-pathway-credits.aspx

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
THE LONG PATHWAY(1997)/DORACOR インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる