インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS NO TRESPASSING(2006)/ANDREW ROUSSAK

<<   作成日時 : 2017/01/07 18:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日ご紹介するのは、ANDREW ROUSSAK(ロシア)のNO TRESPASSINGです。

ANDREW ROUSSAKは、ロシアのバシコルトスタン共和国の首都ウファの出身で、7才の頃からピアノの勉強を始め、ウファ芸術大学でもピアノを専攻した後、地方放送局のスタジオ・ミュージシャンや音楽編集者として活動していたようです。
その後彼は、プロのミュージシャンになるため2001年にドイツに移住し、いくつかのバンドのメンバーとして活動する一方、ソロピアノ・コンサートを開催したりキーボード講師等でも経験を重ね、2006年に初めてリリースしたのがこのNO TRESPASSINGです。

音楽的には、ピアノをはじめ各種キーボードを中心としていますが、ほとんどの曲がゲスト(ヴォーカル&ドラム、ギター×2、サックス、ベース、ドラム)を従えたバンド・スタイルで演奏されており、全般的にアメリカン・ハードプログレっぽい雰囲気が漂っています。(5/10曲がヴォーカル曲)
一方で、バッハの曲をアレンジしたクラシカル・ロック曲、シンセをバックに従えた叙情的なピアノ・ソロ曲、ジャズの匂いを感じさせるヴォーカル曲、プログレとは思えないようなバラード曲等バリエーションに富んだ楽曲構成となっています。

このアルバムのハイライトは、2曲目のPrelude、4曲目のWartime Chronicles、5曲目のJesu Joy Of Man's Desiring、7曲目のAll Good Things、9曲目のVivace Furioso辺りでしょうか。
キーボードを中心としたハード・プログレがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで4曲目のWartime Chroniclesを試聴出来ます。↓
http://www.progarchives.com/mp3.asp?id=2396

こちらのサイトでは、9曲目のVivace Furiosoを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=S-TvnJ1ftJA

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NO TRESPASSING(2006)/ANDREW ROUSSAK インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる