インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS ALL LIFE IS ONE(2015)/ELEGANT SIMPLICITY

<<   作成日時 : 2016/08/27 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日ご紹介するのは、ELEGANT SIMPLICITY(イギリス)のALL LIFE IS ONEです。

この作品は、前作から2年ぶりに発表されたELEGANT SIMPLICITYの21枚目のオリジナル・アルバムで、デモ・トラック作成まではSTEVEN McCABE+これまでの盟友であるKEN SENIOR(ヴォーカル)、CHRISTOPHER KNIGHT(ドラム)の3人体制で進めていたようです。
しかしながら、実際のレコーディング段階ではメンバーを一新し、ドラム、ヴァイオリン、サックス、ヴォーカル、ネイティブアメリカン・フルート、フルート、ベース×3の9人を新たに参加させ、これまでのSTEVEN McCABEによるマルチ演奏から大きく方向転換しています。

音楽的には、基本は従来通りのメロディアスなシンフォですが、ヴァイオリン、サックス、フルート等リードを取る楽器を専任のミュージシャンが担当することにより、バンド形式のよりダイナミックでパワフルな演奏が展開されています。(2/5曲がヴォーカル曲)
これまでの作品は、曲の良さや構築美を追求したストーリー性を持ったコンセプト・アルバムでしたが、本作ではSTEVEN McCABEのギターもいつになくハード・タッチで、正にグルーヴを重視した新生ELEGANT SIMPLICITY誕生と言って良いのではないでしょうか。

このアルバムのハイライトは、1曲目のMaster Of Shadows、3曲目のAll Life Is One、5曲目のTin Rattler辺りでしょうか。
ヴァイオリン、サックス等のソロをフィーチャーしたシンフォがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://elegantsimplicity.bandcamp.com/album/all-life-is-one

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ALL LIFE IS ONE(2015)/ELEGANT SIMPLICITY インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる