インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS JEAN-PIERRE ALARCEN(1978)/JEAN-PIERRE ALARCEN

<<   作成日時 : 2016/06/25 18:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日ご紹介するのは、JEAN-PIERRE ALARCEN(フランス)のJEAN-PIERRE ALARCENです。

JEAN-PIERRE ALARCENは、共に1970年代に1枚ずつのアルバムを残したEDEN ROSE及びSANDROSEのギタリストとして知られていますが、SANDROSE解散後はフランスのジャズ系ミュージシャンとの共演、ミュージカル”ヘアー”への参加等の活動を続けていたようです。
この作品は彼の初めてのソロ・アルバムで、DIDIER LOCKWOODの兄であるFRANCIS LOCKWOOD(キーボード)、MAGMAのライブ・サポートメンバーのJEAN-PAUL ASSELINE(キーボード)に加え、ベース、ドラム、キーボード、パーカッション、コーラス×2の6人がゲスト参加しています。

音楽的には、淡々としたリズムとコード進行の上で各楽器がソロを繰り広げるジャズロックですが、ギタリストのソロ・アルバムにしてはギター弾き捲りといった雰囲気でもなく、比較的アンサンブルを重視したアプローチと言って良いのではないでしょうか。
一方で、3曲目のMon Amour, Mon Amour...!?と6曲目のVieux Garconは、ほぼオーケストラのみの演奏(指揮はCLAUDE ARINI)で彼は演奏には参加しておらず?、曲の良し悪しのみで勝負というある意味潔い試みとなっています。

このアルバムのハイライトは、1曲目のSambaba、2曲目のSalut Besson、4曲目のNationale 20辺りでしょうか。
比較的メロディ重視のジャズロックがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで2曲目のSalut Bessonを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=-05SoEoXRFk

こちらのサイトでは、4曲目のNationale 20を試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=hGcZPNLD7M4

こちらのサイトでは、5曲目のSoirを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=g-xkButRQyU

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JEAN-PIERRE ALARCEN(1978)/JEAN-PIERRE ALARCEN インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる