インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS FOUR OF A KIND(2015)/GOBLIN

<<   作成日時 : 2016/05/28 19:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日御紹介するのは、GOBLIN(イタリア)のFOUR OF A KINDです。

先般GOBLIN REBIRTHを紹介した際、”最近GOBLIN周辺の動きが慌ただしい”とコメントしましたが、このグループこそBACK TO THE GOBLIN 2005(発売当初はオフィシャルサイトのみの販売なるも、現在は一般に流通しているアルバム)の流れを汲んだ本家本元のGOBLINです。
メンバーは、オリジナル・ラインナップであるMASSIMO MORANTE(ギター)、FABIO PIGNATELLI(ベース)、MAURIZIO GUARINI(キーボード)、AGOSTINO MARANGOLO(ドラム)の4人で、他にANTONIO MARANGOLO(サックス)、AIDAN ZAMMIT(キーボード)の2人がゲスト参加しています。

音楽的には、70年代GOBLINそのままのホラーの要素を加味したシンフォで、怪しげでミニマルなギターやキーボードのフレーズが不安感を煽りつつ、ふと気付くとハッとするような美しいメロディに心を奪われるといった二面性を持った独特のサウンドです。
さて、もう1人のオリジナル・メンバーであるCLAUDIO SIMONETTIは、2010〜2013年頃はMASSIMO MORANTEやMAURIZIO GUARINIとNEW GOBLINという名前で活動していましたが、結局袂を分かってDAEMONIAのメンバーとともにCLAUDIO SIMONETTI'S GOBLINを結成したようです。

このアルバムのハイライトは、1曲目のUneven Times、2曲目のIn The Name Of Goblin、4曲目のBon Ton、5曲目のKingdom、8曲目の008辺りでしょうか。
ホラー・ミュージック系のシンフォがお好きな方には、是非お薦めしたい1枚です。

このアルバムは、こちらのサイトで2曲目のIn The Name Of Goblinを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=OGWuNv8uHvc

こちらのサイトでは、3曲目のMousse Rollを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=1Qpu_nKedpo

こちらのサイトでは、7曲目のLove & Hateを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=jn1j5ewOQQE

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FOUR OF A KIND(2015)/GOBLIN インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる