インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS THESE FRAGMENTS I HAVE SHORED AGAINST MY RUINS(200

<<   作成日時 : 2016/03/12 19:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日御紹介するのは、HERMETIC SCIENCE(アメリカ)のTHESE FRAGMENTS I HAVE SHORED AGAINST MY RUINSです。

このグループのリーダーであるED MACANは、2001年の3rdアルバム発表後HERMETIC SCIENCEの活動を一時休止して、過去3作品のリミックス、リマスターに取り組み、2006年にCRASH COURSEというタイトルで2枚組CDセット(ベストアルバム)をリリースします。
その後、前作から参加しているJASON HOOPES(ベース、ギター)、新しく加入したANGELIQUE CURRY(ドラム)とともにニュー・アルバムの制作を開始し、2008年に発表したのが彼らの4thアルバムであるこのTHESE FRAGMENTS I HAVE SHORED AGAINST MY RUINSです。

音楽的には、先般紹介した1stアルバムではリードを取るのがほとんど打楽器だったのに対し、本作ではキーボードの比重が高まると同時にそのバリエーション(1stはピアノのみ)が増えており、より音像が華やかでシンフォの要素が加味されたような印象を受けます。
このアルバムは、これまでのマイナー・レーベルとは異なって、MUSEAから世界に向けてリリースされており、ジャケット・デザインにもGENESIS、VAN DER GRAAF GENERATOR等で有名なPAUL WHITEHEADを起用するという力の入れようです。

このアルバムのハイライトは、1曲目のDe Profundis、2曲目のVoyages、5曲目のAion、7曲目のThe Second Coming辺りでしょうか。
マレット、キーボードを中心としたジャズロックがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで2曲目のVoyagesを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=eI8k6otyxD8

こちらのサイトでは、7曲目のThe Second Comingを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=OhyA86-UA1E

こちらのサイトでは、全曲1〜2分程度試聴出来ます。↓
http://www.hermeticscience.com/thesefragments.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
THESE FRAGMENTS I HAVE SHORED AGAINST MY RUINS(200 インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる