インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS FOREST OF FEELINGS(1975)/DAVID SANCIOUS

<<   作成日時 : 2015/11/21 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日御紹介するのは、DAVID SANCIOUS(アメリカ)のFOREST OF FEELINGSです。

DAVID SANCIOUSは、KING CRIMSON USAで有名なニュージャージー州アズベリー・パーク出身のキーボーディストで、70年代前半はBRUCE SPRINGSTEENのTHE E STREET BANDに在籍し、3枚のアルバム制作やツアーにも参加しています。
THE E STREET BAND脱退後、彼はERNEST CARTER(ドラム)、GERALD CARBOY(ベース)とともに、DAVID SANCIOUS AND TONEというグループを結成し、初めて発表したアルバムがこのFOREST OF FEELINGS(BILLY COBHAMプロデュース)です。

音楽的には、キーボードを中心としたスリリングな展開のジャズロックで、一部彼のリード・ギターもフィーチャーされていますが、曲によってはシンフォ、オリエンタル、ディキシーランド・ジャズ、クラシック等の要素も加味され、非常にバリエーションに富んだ内容となっています。
彼の経歴で驚くのは、おびただしい数のセッション・ワークで、基本的にジャズ系のミュージシャンが多いのですが、2000年以降でもSTING、PINK FLOYD、HALL & OATES、ERIC CLAPTON等々ロック・フィールドでも活躍しているようです。

このアルバムのハイライトは、1曲目のSuite Cassandra、5曲目のThe Forest Of Feelings、7曲目のCrystal Image、9曲目のFurther In The Forest Of Feelings辺りでしょうか。
キーボード主体のジャズロックがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=uHDjmYaTn50

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FOREST OF FEELINGS(1975)/DAVID SANCIOUS インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる