インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS WILD CONNECTIONS(1979)/JACK LANCASTER・RICK VAN DER

<<   作成日時 : 2015/09/20 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日御紹介するのは、JACK LANCASTER・RICK VAN DER LINDEN(イギリス)のWILD CONNECTIONSです。

60年代後半に、BLODWYN PIGというブリティッシュロック・グループに在籍していたJACK LANCASTERは、その後セッション・ミュージシャン、テレビや映画音楽のコンポーザーとして活動する一方で、BRAND Xの結成時メンバーとしても名を連ねています。
このアルバムは、そのJACK LANCASTERがTRACEやEKSEPTIONでの活動で有名なオランダのキーボーディストRICK VAN DER LINDENとコラボレートした作品で、彼ら以外にドラムのBARRY MORGANとコーラス隊が参加しています。

音楽的には、ややフュージョン色も感じさせるジャズロックで、ドラム以外はJACK LANCASTERのリリコン、RICK VAN DER LINDENのYAMAHA GX1のみで演奏されていますが、所謂シンセ・ミュージックとは一線を画したリズミカルな楽曲が主体となっています。
各曲の作者についてのクレジットはありませんが、TRACEのWHITE LADIESからConfrontation、Back Homeがカバーされていたり、Carmina Buranaが選曲されていたりと、RICK VAN DER LINDEN色の強い構成となっています。

このアルバムのハイライトは、1曲目のEarly Morning Jones、2曲目のYour Home、4曲目のFortuna、5曲目のWild Connections、7曲目のAural Exciter辺りでしょうか。
シンセ中心のジャズロックがお好きな方には、是非お薦めしたい1枚です。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=O8DW3kmPCBo

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WILD CONNECTIONS(1979)/JACK LANCASTER・RICK VAN DER インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる