インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS AUDIOSYNCHROCY(2002)/AUDIOSYNCHROCY

<<   作成日時 : 2015/02/07 18:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日御紹介するのは、AUDIOSYNCHROCY(アメリカ)のAUDIOSYNCHROCYです。

このグループは、南カリフォルニアを中心に活動していた標準フォーマットの4人組ですが、キーボードのTREVOR LLOYDはヴァイオリンも兼務しており、そのTREVOR LLOYDとギターのDUDLEY BROOKSの2人がヴォーカルを担当しています。
この作品は彼らが発表した唯一のアルバムで、シンプルながら非常に印象的なグリーンを基調としたジャケットは、以前から中古CDショップでもよく目にしていたのですが、今回インスト主体(4/9曲がヴォーカル曲)だと分かったので購入してみました。

音楽的には、いきなり1、2曲目のヴォーカル曲がアバンギャルド感満点でビビりましたが、カンタベリー・ロック風の3曲目辺りから落ち着き?を取り戻し、インスト主体の後半は変拍子を多用したジャズロックを聴かせてくれます。
その他にも、シンセによる浮遊感漂う実験的な曲、ピアノ・ソロ曲、ヴァイオリンとシンセによるアンビエントな曲等収録されていますが、とにかく私がインスト好きだということを差し引いても、ヴォーカル曲とインスト曲の落差が大きいアルバムだと思います。

このアルバムのハイライトは、1曲目のMerrily Barreling Through Barely、5曲目のRoad To Europa、7曲目のSearching...、8曲目のLet It Ring辺りでしょうか。
ヴァイオリンをフィーチャーしたアヴァン・ジャズロックがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで1曲目のMerrily Barreling Through Barelyのインスト・バージョンを試聴出来ます。↓
https://myspace.com/treviolin/music/songs

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
AUDIOSYNCHROCY(2002)/AUDIOSYNCHROCY インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる