インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS ENDURING DELIRIUM(2010)/STEAM THEORY

<<   作成日時 : 2014/05/24 19:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日御紹介するのは、STEAM THEORY(アメリカ)のENDURING DELIRIUMです。

STEAM THEORYは、ボルチモア在住のギタリストJASON DENKEVITZのワンマン・プロジェクトで、このアルバムでは基本的に彼がすべての楽器を演奏(ドラムはプログラミング)していますが、一部ゲストとしてドラム、キーボードが参加しています。
JASON DENKEVITZは、現在コマーシャルやドキュメンタリーの音楽制作の仕事をしていますが、元々はベース・プレイヤーでジャズ、フュージョンを勉強していたらしく、このグループ以外にもPDFOPというフュージョン・ユニットで活動(レコーディング)しているようです。

音楽的には、全般的に印象に残るようなメロディが少なく、淡々としたコード進行の上でギター・ソロが展開されるため、一聴するとフュージョンに近いような気がしますが、シンセによるオーケストレーション部分にはプログレっぽさも感じさせます。
そもそもアルバム自体、ペラペラの紙ジャケットにCDがそのまま突っ込んであるようなシャビーな装丁(当然のことながらライナー等も無し!)で、完全に自主制作盤的な様相なのですが、このような音源が広く出回るということは、それだけ隠れた名作に出会う機会も増えるということでしょう。

このアルバムのハイライトは、1曲目のSword Runner、4曲目のFable、6曲目のCorum、8曲目のBarbican辺りでしょうか。
ギターを中心としたフュージョンがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
http://music.steamtheory.com/album/enduring-delirium

こちらのサイトでは、1曲目のSword Runnerを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=YUVAlRznd-Q

こちらのサイトでは、2曲目のSteam Theoryを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=5Rf_wqWNlHc

こちらのサイトでは、3曲目のSomething's In Thereを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=whrP49GSb8o

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ENDURING DELIRIUM(2010)/STEAM THEORY インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる