インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS SIX PIECES(1980)/THE ENID

<<   作成日時 : 2013/08/17 21:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日御紹介するのは、THE ENID(イギリス)のSIX PIECESです。

このグループは、初期BARCLAY JAMES HARVESTのオーケストラ・アレンジ及び指揮を務めたROBERT JOHN GODFREYを中心に、STEPHEN STEWART、FRANCIS LICKERISHらが加わって1974年に結成されました。
この作品は彼らの4thアルバムで、6人のメンバーがチェスの駒となっているジャケットが非常にユーモラスですが、内容的にも6曲(オリジナル発表時)の収録曲がそれぞれ各メンバーを表現したものとなっています。

音楽的には、各々の曲があたかもクラシックの曲のような雰囲気で、一聴するとオーケストラをバックにバンド演奏しているように聴こえますが、実際には管弦楽のパートは全てシンセで音を作り込んでいるようです。
このグループは、巷の論評ではロック色が無いということだったので、これまで手を付けず今回初めて聴いてみたのですが、ジャンル云々を超越してこのオーケストレーションの凄さにはただただ感心してしまいますね。

このアルバムのハイライトは、1曲目のPunch And Judy Man、3曲目のThe Ring Master、4曲目のSanctus、6曲目のThe Dreamer辺りでしょうか。
クラシック風のシンフォがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=hsMQfw_0L0s

こちらのサイトでは、6曲目のThe Dreamerを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=h5oFAtCKHK4

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SIX PIECES(1980)/THE ENID インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる