インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS ALEATORICA(2013)/KARFAGEN

<<   作成日時 : 2013/04/20 18:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
今日御紹介するのは、KARFAGEN(ウクライナ)のALEATORICAです。

この作品はKARFAGENの5thアルバムで、4人のコア・メンバー(キーボード、バヤン、ギター、ベース)に加えて、ドラム、ベース、フルート、オーボエ、バスーン、ヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロ、サックス、ヴォーカルが参加しています。
これまでのアルバムでは、ほとんどの曲をリーダーのANTONY KALUGINが提供していましたが、このアルバムではバヤンのGERGIL KOVALOVが、ANTONY KALUGINとの共作を含め半数以上の曲に絡んでいます。(2/14曲がヴォーカル曲)

音楽的には、GERGIL KOVALOVの曲が多くなったためか、いつも以上にバヤンやアコーディオンが前面に出てきており、それに伴ってこれまでのシンフォ路線に加えて民族音楽的な雰囲気が強まっています。
このグループは、2012年にフランスで開催されたCRESCENDO FESTIVALに参加していますが、その時はキーボード、ギター、ベース、ドラム、バヤン、女性ヴォーカルというラインナップで演奏しているようです。

このアルバムのハイライトは、1曲目のAleatorica(Shuffler's Riddle)、2曲目のMad Gods Of Destiny、6曲目のSolar Cycles、8曲目のMystic Castles、10曲目のWhirlabout、12曲目のA Day Without Rain辺りでしょうか。
バヤン、アコーディオンが活躍するシンフォがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://antonykalugin.bandcamp.com/album/aleatorica

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログ主さまはじめましてこんばんは
いつも楽しく拝見させて頂いております。
私もKarfagenの鍵盤奏者のAntony Kalugin
がすごく好きです。
あのブログ主さまはAntony Kaluginのソロ作
「The Water」はお持ちになられていますか?
まだユーチューブに上がっていないのでブログ
での紹介は難しいと思うのですけれどそれでも
もしもお聴きになっていましたらこのアルバムの
4曲目のタイトルナンバーである「The Water」に
似た曲を教えて頂きたいのです。。(はまっています)
私はプログレ歴が浅くて正確に説明する事が
できないのですけれど、それでも説明をしますと
Pekka Pohjola のアルバム「Changing Waters」
の1曲目の「Benjamin(Introduction)」みたいな
とてもきれいなピアノがメインで、後半に少しだけ
Tony Carnevale 風のシリアスな展開が入りますが
最後はまたpekka Pohjola の Benjamin のような
それこそきれいな水が(清流が)流れるようなピアノ
で終わる・・という感じの15分超えのインスト曲
です。。
(アルバム「The Water」は全曲ともインストです。)
情報量が少なすぎる&説明下手な感じなのですけど(^^;
思い当たるアーティストや曲がありましたらぜひ
教えて頂きたいです・・。
長文すみません、、これからもブログ楽しみに
しております。。ではでは

もふもふ
2013/04/20 23:53
もふもふさん、初めまして。
コメントありがとうございます。
ANTONY KALUGINは非常に多作な人なので、KARFAGEN以外はSUNCHILDしか聴いたことがありません。(但しSUNCHILDは、ヴォーカル主体なので×でしたが・・・。)
THE WATERは残念ながら未聴ですが、全曲インストということであれば是非聴いてみたいと思います。(HPを見ると、ニューエイジ風とのことなので、その辺りは若干心配ですが・・・。)
似た曲の捜索ということであれば、かなりハードルが高い(感性の問題もあるので)ような気もしますが、とにかくTHE WATERを聴いてから考えてみます。
QUANTUM
2013/04/21 09:23
QUANTUMさん(ブログ主さま)すぐにお返事を
頂いてしまってどうもすみません。
The Water は公式サイトではニューエイジのくくり
になってしまっていますが、タイトルナンバーを聴き
始めてみますと印象的なピアノのメロで静に始まった
後、1〜2分目辺りはしっとりしたアコギによる
「余り珍しくないヒーリング系のミュージックなの
かな?」と感じる箇所も確かにあるのですが、徐々に
そこにいろいろなシンセの和音やオープニングで流れ
た主題となるピアノのメロがどんどん折り重なって来
て、すごい厚みで決して良くあるニューエイジ(ヒー
リング?)ミュージックでは止まらない結構プログレ
している曲です。またラストには優雅
なチェロも登場して終わってしまうのが名残惜しいと
思えるようなセンチメンタルな作りになっています。
私もプログレは自由に想像力が働かせられるインスト
の方が大好きで(ヒーリング系の音楽も好きです)
結局は「水」とか「空」とか「雄大な景色」とかが
頭の中に広がるような曲が好きなのだと思います。。
いつかCDをお手にとられましたらぜひぜひお願い
します!お返事の方はゆっくりと待たせて頂ければと
存じます。。それでは失礼致します。。
もふもふ
2013/04/21 23:35
もふもふさんへ。
THE WATERを入手しました。
早速聴いてみましたが、THE WATERに似ている曲と言われると、パッと思いつくのはライナーにも記載ありましたがMIKE OLDFIELDやVANGELIS辺りでしょうか。その他では、HOSTSONATEN、LIFE LINE PROJECT、GANDALF、THE ENID、LANVALLも候補だと思いますが如何でしょう?
お探しの曲のヒント(曲の長さ、出てくる楽器、打込みか否かetc)がもう少しあればとも思いますが、ニューエイジ、ヒーリング系グループ(アーティスト)であれば、あまり詳しくないので上記程度が限界かもしれません。
なお、THE WATERは後日アップする予定です。
QUANTUM
2013/05/01 15:47
QUANTUMさん(ブログ主さま)お返事2日遅れてしまってすみません!お返事感謝致します。後日THE WATERをアップ予定との事ですごくうれしいです。(最初THE WATERを説明する時にPekkaのBenjaminみたいなピアノと説明してしまったのですがちょっと似てなかったかも・・焦っていてすみません(^^;
今回教えて頂いたグループの中で私が少しCDを持っているのはGANDALFとTHE ENIDだけで残りは全て買った事がないグループでしたのでゴールデンウィーク中にいろいろ視聴していきたいと思っております。私はGANDALFのベスト版っぽいCD?になるのでしょうかVISIONS 2001というCDとTHE ENIDのJOURNEY'S ENDのインストバージョンのCDを持っていてどちらも変化に富んでいてすごく気に入っています。やっぱりインストでありかつ変化に富んでいてかついろいろな種類のシンセが鳴ったりオーケストラになったりするようなアルバム(ちょっとよくばり過ぎかも知れません(^^;
だけをいっぱい買いたいとかわがままな考えを持ってしまいます。。私はスウェーデンのTRIBUTEとの出会いがプログレの世界に入るきっかけでしたので、好きな楽器もすごく多くて結局の所いろいろな楽器が登場するアルバム(あるいは作品数が増えるに従って使う楽器が変わって行きバンドの世界観が広がっている)に何か物語性を感じて気に入ってしまうのだと思います。。ですのでむしろ苦手なのは余りにもメタルなプレイに走ってしまうようなエレキギターや熱唱糸のボーカル・・という感じでまた説明不足になってしまいます。。またすごく長い曲や打ち込みも、フランスのHECENIAの2ndアルバム La Couleur Du Feu がスウェーデンのTRIBUTEと並んで人生のマイベスト5な私には全然OKでして、、
もふもふ
2013/05/03 11:11
(すみません・・長文すぎて入りませんでした。。)
続きです・・ごめんなさい。。⇒このように書き進めていきますと、、私にもQUANTUMさんにも余計に絞り込みが難しくなってしまった感じで申し訳ないです。。とにかく今回教えて頂いたグループをどんどん試聴して行きたいと思います!!またもし「これは聴いた事ありますか?」というグループやアーティストがありましたら、ぜひぜひ教えて頂けたらと思います。。スーパー長文&お返事遅れどうもすみませんでした。。ではでは
もふもふ
2013/05/03 11:20
もふもふさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
TRIBUTEやHECENIAがお好きとは、かなりコアなところを御存知のようですね。
ちなみにTRIBUTEは、先般NEW VIEWSを購入したので後日アップする予定です。
もふもふさんの好きなジャンルは、何となく分かってきたような気がしますが、折角なので是非お薦めしたいのはHOSTSONATENです。
このグループのSEASONCYCLE SUITEと呼ばれる4部作(SUMMEREVE、AUTUMNSYMPHONY、WINTERTHROUGH、SPRINGSONG)は、全てこのブログで紹介していますが、SUMMEREVEかWINTERTHROUGH辺りから試してみるのが良いのではないでしょうか。
おそらくもふもふさんのお好きなグループで、私がまだ聴いたことが無いものもたくさんあると思うので、是非いろいろと御紹介いただければと思います。
QUANTUM
2013/05/03 11:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ALEATORICA(2013)/KARFAGEN インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる