インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS NOWHERE LEFT TO TURN(2006)/ELEGANT SIMPLICITY

<<   作成日時 : 2012/10/13 20:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日御紹介するのは、ELEGANT SIMPLICITY(イギリス)のNOWHERE LEFT TO TURNです。

このアルバムは、ELEGANT SIMPLICITYの18枚目の作品ですが、この後2007年に”ヴォーカル・アルバムへの回帰”と銘打ったTOO MANY GOODBYESという作品を制作以降、それまで順調だった新作の発表(1枚/年)は停滞しているようです。
このブログで以前紹介した前2作同様、メンバーはマルチインストルメンタリストのSTEVEN McCABEとドラムのCHRISTOPHER KNIGHTの2人で、ゲストとしてヴォイス・パフォーマンスのSTEPHEN LYONSが参加しています。

音楽的には、いつも通りのギター、キーボードを中心とした70年代を彷彿とさせるシンフォで、6分、17分、9分、20分と長尺曲揃いであるにも拘らず、叙情的な雰囲気とスリリングな展開はリスナーを飽きさせることがありません。
彼らのHPを覗いてみると、2010年にはベスト・アルバム発表、2012年には過去のアルバムのリマスター版発売と地道に活動は続けているようですが、個人的にはもっと評価されて然るべき素晴らしいグループだと思います。

このアルバムは、全ての曲がハイライトです。
叙情的なシンフォがお好きな方には、是非お薦めしたい1枚です。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://elegantsimplicity.bandcamp.com/album/nowhere-left-to-turn

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NOWHERE LEFT TO TURN(2006)/ELEGANT SIMPLICITY インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる