インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS PEER GYNT IN FAVOUR(2010)/AVIVA

<<   作成日時 : 2012/01/14 18:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
今日御紹介するのは、AVIVA(ロシア)のPEER GYNT IN FAVOURです。

このグループは、キーボーディストのDIMITRI A. LOUKIANENKOによるプロジェクトで、2ndアルバムでは他のメンバーも含めたグループ編成を志向したようですが、この3rdアルバムでは完全にワンマン・ユニットに戻っています。
このアルバムは、タイトルからも分かる通りグリーグのペールギュントをモチーフとして制作されており、中学生の頃?聴いた懐かしいメロディがそこかしこに散りばめられています。

音楽的には、クラシックの曲をベースとしているだけにシンフォ的なイメージが強いのですが、一方で打込みによる機械的なリズム・パターンも相まって、ある種摩訶不思議な空気感が漂っています。
キーボーディストによる1人マルチ録音では、シンセ漬けで食傷気味になることが多いのですが、所々に出てくるピアノが非常に良いアクセントとなっており、これにギターが加わればもっと表情豊かになるのではないでしょうか。

このアルバムのハイライトは、1曲目のPeer Gynt's Morning、3曲目のMountain King And His Daughter、7曲目のEse、9曲目のIn Favour辺りだと思います。
キーボードを中心としたシンフォがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=tUxwvvLTJMw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
9曲目を聴きましたが、実に清々しい気持ちになりました☆彡
たまにはこういうピアノサウンドもイイですね(^^♪
wonderyama
2012/02/12 10:25
wonderyamaさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
プログレのキーボードも、シンセ、ピアノ、オルガン等のバランスが重要ですね。
QUANTUM
2012/02/12 14:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
PEER GYNT IN FAVOUR(2010)/AVIVA インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる