インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS VOID(2011)/THE REDZEN

<<   作成日時 : 2011/07/30 19:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
今日御紹介するのは、THE REDZEN(イタリア)のVOIDです。

このグループは、元THE WATCHのETTORE SALATI(ギター)、ROBERTO LEONI(ドラム)に2人の実力派セッション・ミュージシャンを加え、2009年に結成された標準フォーマットの4人組です。
この作品は彼らのデビュー・アルバム(1/9曲がヴォーカル曲)ですが、2010年にCOLOSSUS/MUSEAから発表されたDANTE'S PARADISOというコンピレーション・アルバムにも参加(上記ヴォーカル曲)しているようです。

音楽的には、彼らのHPに記載ある”インストルメンタル・プログレッシブ・フュージョン・ミュージック”という表現が言い得て妙なのですが、私が聴いた感じではフュージョンよりもややロック色が強いような気がします。
比較的ハードな印象の楽曲が多い中に、シタールがエスニックなムードを演出したり、メロトロンやピアノがプログレっぽく響いたり、変拍子が要所要所に散りばめられたり、なかなか聴き応えのある作品だと思います。

このアルバムのハイライトは、1曲目のCluster、3曲目のSlapdash dance、5曲目のInto The Void、7曲目のReturn To Kolkata辺りでしょうか。
ロック寄りのジャズロックがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで1曲目のCluster、2曲目のHot Wine、3曲目のSlapdash dance、4曲目のAlexa In The Cage、5曲目のInto The Void、7曲目のReturn To Kolkataを一部試聴出来ます。↓
https://myspace.com/theredzen/music/songs

こちらのサイトでは、5曲目のInto The Voidを試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=fCQwrZo6xws

こちらのサイトでは、このアルバムのプロモーション・ビデオが視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=Q39uevPLZN8

こちらのサイトでは、1曲目のClusterを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=PQyhVY7yEfE

こちらのサイトでは、2曲目のHot Wineを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=51JgqXtKTig

こちらのサイトでは、3曲目のSlapdash danceを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=sJLXjMOio4c

こちらのサイトでは、4曲目のAlexa In The Cageを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=aQe5t0kpAZc

こちらのサイトでは、5曲目のInto The Voidを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=jusjj2sbwIk

こちらのサイトでは、6曲目のWho's Bisex?を視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=rs8HhbaW06o

こちらのサイトでは、7曲目のReturn To Kolkataを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=IVacz0Es9Uk

こちらのサイトでは、8曲目のSpin The Wheelを視聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=ND1_hN_NBIk

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
5曲目の Into The Void を聴いていますが、洗練された流麗なシンフォニック・ロックで実にカッコいいと思います(^^♪
wonderyama
2011/07/31 23:09
wonderyamaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り洗練された印象で、あまりイタリアっぽさを感じさせないですよね。
QUANTUM
2011/07/31 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
VOID(2011)/THE REDZEN インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる