インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS ANHEDONIA(2004)/ELEGANT SIMPLICITY

<<   作成日時 : 2010/02/21 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日御紹介するのは、ELEGANT SIMPLICITY(イギリス)のANHEDONIAです。

このアルバムも、以前紹介したSTUDIES IN HEARTBREAK同様、マルチ・ミュージシャンであるSTEVEN McCABEがドラムにCHRISTOPHER KNIGHTを迎えて制作した作品です。
全編を通じて流れるメロトロン(サンプル?)をバックに、ある所はハードに、またある所は叙情的に綴られた楽曲は、(多作であるにも拘らず)各々が非常にメロディアスで彼の非凡な才能を物語っています。

このアルバム、5曲目のAnhedoniaX:Desperate Hours Aloneの冒頭に女性の喘ぎ声が入っていてビックリしましたが、よくよく調べてみるとANHEDONIAというのは無快感症(精神疾患の一種?)のことなんですね。
ともあれ、このグループはとても気に入っているので、全て集めるには道のりは遠い(全19枚、しかも日本では新品入手困難)ですが、今後中古で見つけたら即購入していきたいと思っています。

このアルバムのハイライトは、1曲目のAnhedoniaT:The Gateway、2曲目のAnhedoniaU:The Other Side、4曲目のAnhedoniaW:When Sparks Fly、6曲目のAnhedoniaY:Lost辺りでしょうか。
メロトロン中心のシンフォがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://elegantsimplicity.bandcamp.com/album/anhedonia

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ANHEDONIA(2004)/ELEGANT SIMPLICITY インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる