インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS VALLE DEL PAS(1978)/GRANADA

<<   作成日時 : 2009/11/15 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
今日御紹介するのは、GRANADA(スペイン)のVALLE DEL PASです。

このアルバムは、GRANADAの3rdでありかつ最後の作品ですが、基本的には2ndのジャズロック路線を踏襲した内容となっています。
これまでのアルバムは、全曲リーダーのCARLOS CARCAMOの作曲となっていましたが、このアルバムではメンバー全員が曲作りに参加しています。

今回CARLOS CARCAMOのフルート以外に、初めて管楽器(ノーザンスパニッシュ・ウッドウインド?=バグパイプのような音色)奏者がメンバーに加わっていますが、より一層トラディショナルな雰囲気を醸し出しています。
1、6曲目には、オーケストラによる演奏を大幅に導入しており、当時流行っていた?クラシックとの融合を具現化しようとする新しい試みも見られます。

このアルバムのハイライトは、1曲目のNo Se Si Debo、3曲目のNoches Oscuras, Ocas Contentas、5曲目のValle Del Pas、7曲目のYa Llueve辺りでしょうか。
ジャズロックがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=sdDp9Z4UqI0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
入院中はお世話になりました。
グラナダのこのアルバム、以前(ずっと昔)にスペイン
が注目され始めた頃買いました。
シンフォニック期待で聴いて少しがっかりしたアルバムです。
ジャズ・ロック寄りの作風だったので、当時はしっくり
こなかったのかも。
CDで聴き直してみようと思います(レコードは売ってしまった
ようなので・・・)。
ラフィーネパパ
2009/11/25 17:42
ラフィーネパパさん、こんにちは。
GRANADAは、最初に1stを買ってしまったため、ヴォーカル曲ばかりということもあってあまりピンと来なかったのですが、2ndと3rdの2in1CDが安く出ていたので、もう一度チャレンジの意味で買ってヒットしました。
ある意味スペインらしい音と言っても良いのではないでしょうか。
QUANTUM
2009/11/26 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
VALLE DEL PAS(1978)/GRANADA インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる