インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS AUTUMNSYMPHONY(2009)/HOSTSONATEN

<<   作成日時 : 2009/10/04 00:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日御紹介するのは、HOSTSONATEN(イタリア)のAUTUMNSYMPHONYです。

このアルバムは、HOSTSONATENのSEASONCYCLE SUITEの中ではPARTU(録音は今年!)となりますが、先般CDショップの入荷情報を見つけて慌てて購入に走りました。
淡い茶色を基調としたジャケットは、一見しただけで物悲しい秋の風情や郷愁を感じさせ、いやが上にもその中にパッケージされている音に対する期待を高めさせてくれます。

ということで聴き始めてみると、いつもとは違うジャージーな出だしにちょっとビックリしましたが、徐々に叙情的なHOSTSONATENワールドに染まっていきます。
今回も、アコースティック系の楽器(ストリングス、ギター、ピアノ、管楽器等)とメロトロンを効果的に配し、70年代シンフォの雰囲気に満ちた壮大な組曲を作り上げています。
細かいことを言えば、SPRINGSONGの美メロがちらちらと出て来るのは若干気になりますが、最後の曲(The Gates Of Winter)がWINTERTHROUGHの1曲目のメロディの引用で終わるというのは、なかなか小粋な演出ですね。

このアルバムのハイライトは、2曲目のLeaves In The Well、3曲目のOut Of Water、5曲目のNightswanU、6曲目のAs The Night Gives Birth To The Morning、9曲目のAutumn's Last Breath/The Gates Of Winter辺りでしょうか。
叙情的なシンフォがお好きな方には、是非お薦めしたい1枚です。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://fabiozuffanti.bandcamp.com/album/autumnsymphony-part-ii-of-seasonscycle-suite

こちらのサイトでは、このアルバムのレコーディング風景を視聴出来ます。↓
http://www.youtube.com/watch?v=DVl0ffAXjZI

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
AUTUMNSYMPHONY(2009)/HOSTSONATEN インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる