インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS HERE IT IS(1979)/TRILOGY

<<   作成日時 : 2008/06/15 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日御紹介するのは、TRILOGY(ドイツ)のHERE IT ISです。

ドイツのグループが出て来ると、毎回同じようなコメントばかりで恐縮ですが、このTRILOGYもドイツっぽさを感じさせないシンフォを聴かせてくれます。(尤も、私がドイツっぽいと考える音は私の好みではないので、ここで紹介することはあり得ないのですが・・・。)

このグループの最大の特徴は、煌びやかなツイン・キーボードでしょう。ソロを取るのはほとんどがキーボードで、しかも70年代のヴィンテージと言える音色(ハモンド、ムーグ、アープ等々)に溢れており、非常に懐かしい気分になります。楽曲としては、ギター・メインとキーボード・メインの違いはありますが、FINCHに似た雰囲気があると思います。またグループ名からも想像に難くないですが、そのキーボード・ロックは明らかにEL&Pを意識していると思われます。

このアルバムのハイライトは、2曲目のBreak Through、3曲目のChanging Sceneでしょう。やはりどちらもキーボード主体の曲ですが、途中でKENSOのようなフレーズも飛び出したり、なかなか味わいのあるインスト・シンフォです。

どうでも良い話ですが、ブックレットの写真を見ていて気になるのは、ベースのLUDGER SAMSONの体格で、明らかに他のメンバーの背丈は彼の肩ぐらいまでしかなく、演奏時の写真でも持っているベースがギターのように小さく見えるほどの巨体です。
アルバム1枚しか発表していませんが、キーボード好きな方には是非お薦めしたいグループです。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=-7LEr79JleU

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HERE IT IS(1979)/TRILOGY インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる