インスト・プログレ

アクセスカウンタ

zoom RSS GAZEUSE!(1976)/GONG

<<   作成日時 : 2008/05/22 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日御紹介するのは、GONG(フランス?)のGAZEUSE!です。

このアルバムの頃になると、DAEVID ALLENの面影がすっかり無くなる一方で、PIERRE MOERLENによる打楽器中心志向がますます顕著になり、7人のメンバー中なんと4人が打楽器奏者というすごい状況になっています。特に彼が作曲した3、4曲目のPercolations Part One、Twoは、ほとんど打楽器のみで演奏されており、その志向がよく表れていると思います。

そう言えば、前作に参加していたPATRICE LEMOINEが脱退しており、このアルバムにはキーボード奏者は参加していません。また、DAEVID ALLEN'S GONGの残党であるDIDIER MALHERBE(サックス、フルート)も、このアルバムを最後に脱退しています。

このアルバムは、ALLAN HOLDSWORTHが正式メンバーとしてGONGに参加した唯一のアルバムです。個人的には、ALLAN HOLDSWORTHは好きでも嫌いでもありませんが、やはりその超絶技巧のソロとウネウネしたフレージングは、このグループに新風を吹き込んでいるのではないでしょうか。楽曲としても、2曲目のNight Illusionと5曲目のShadows Ofの2曲を提供しています。

音としては、クロスオーバー、フュージョン系と言った方が良いと思いますので、その方面がお好きな方は是非聴いてみて下さい。

このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=0XcfKHiWEN4

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GAZEUSE!(1976)/GONG インスト・プログレ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる